July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

アルミ製品について

アルミのお手入れ方法

・スポンジと中性洗剤で洗ってください。

・たわしなど、硬い素材で洗うと傷がつきやすいので
ご使用にならないでください。
※スポンジでもゴシゴシ強く洗うと傷が付きます。

・固形せっけんやアルカリ性の強いものを置くと
変色や腐食の原因になります。

・熱が伝わりやすいので、やけどに、ご注意ください。
 

ガラス製品について

ガラスのお手入れ方法

ガラスを使い始めるときは、
中性洗剤などで洗ってください。

ガラスを傷つける恐れのある金属たわし、
研磨剤入りのスポンジなどを使用しますと
破損の原因になります。

食器洗浄機の使用は避けてください。

手の届かないところを洗うときは、
水と卵の殻をできるだけ細かく砕き入れ、
振るときれいになります。

急激な温度変化や熱湯、
電子レンジにかけるのは避けてください。
破損・劣化の原因となります。


その他
吹きガラスの底部分にみられる跡は、
"ポンテ"(イタリア語で橋という意味)といい、
吹きガラスで作ったものには必ずつく印のようなものです。
ポンテにもそれぞれ個性があり
決して不良品ではございません。

また、手仕事からうまれるものなので、
硝子の厚みや大きさなど
多少の個体差が生じる場合がございます。

職人がひとつひとつ丹精込めて、
つくりあげた作品を、末永くご愛用下さいませ。







 

陶器について

陶器のお手入れ方法

(購入後)
,未襪淌鬚任気辰叛い汚れを落とす。

△米のとぎ汁を入れた鍋に器を入れ土の目を埋める。

30分以上煮沸し、冷まして水で洗い乾かすことにより
シミがつきにくくなります。

・吸収性のある土物は、
洗った後、しっかり乾燥させてください。

・水気を含んだまま置いておくと
カビの生える原因になります。

・茶渋がついてしまった場合、
漂白剤につけておくと綺麗になります。

・金銀や色絵を使っているものは、
変色の原因になりますのでお気を付けください。


 

磁器について

磁器のお手入れ方法

(購入後)
軽くぬるま湯で洗う。

・洗剤を使って洗えますが、
強く擦ると金銀など剥げやすいので
やわらかいスポンジや布で洗ってください。

・漂白剤の使用で、
変色の原因になる場合がございます。
くれぐれもご注意ください。

・銀彩が施されたうつわの
変色が気になりはじめたら、
白色のスポンジ(メラミンフォーム)で
軽く擦り水で濯いでください。

・基本的に、
電子レンジのご使用はお控えください。


その他
使っていくうちに、ご購入時の状態と、
多少なりとも変化していきますが、
ひとつとして同じものはない
手仕事による風合いとして、
考えていただければ嬉しく思います。


 

木製品について

お手入れ方法

お手入れのポイントは、
『手』と同じように。
手を洗うのと同じように、
お手入れしてください。

水かぬるま湯で洗い、
布でふきとり自然乾燥してください。

いつか艶がなくなってきましたら、
洗ったあと、乾いてから、
オイルを塗りこんでよく拭き取ってください。

木のぬくもりと、
月日を経て変化する表情をお愉しみくださいませ。
 

真鍮について

真鍮のお手入れ方法について

・中性洗剤とスポンジで洗い流し、
布などで拭いてください。

・しだいに落ち着いた色合いになるので、
変化をたのしめる真鍮ですが、
錆など気になるようでしたら、
スコッチブライトのような硬いスポンジに
水とクレンザーをつけ、こすり洗い流してください。

・水分や塩分が、
長時間ついたままで放置すると、
変色の原因になります。


 
1
pagetop