October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

再入荷・新入荷のお知らせ


硝子作家 glass studio Rainbow Leaf

てぃーちレスト
お箸置きやオブジェとしてお使いいただけます。
中が空洞になっているので、
お花を飾ることができます。

サイダーを閉じ込めたような
模様が美しい変形泡皿
グリーン と沖縄の青空を思わせる水色
新しく加わりました。
 
glass studio Rainbow Leafさんの
作品は→こちら

 

陶芸家 宮田光善

白平丸皿三寸の商品が並びました。
白平丸皿七寸 とあわせて
お使いいただくのもオススメです。

その他黒茶碗加彩茶碗
白磁深皿七寸銀彩リム皿七寸 新入荷しました。

宮田光善さんの作品は→こちら


 

工房を訪ねてー宮田光善ー

山梨の道志村で作陶されてる
宮田光善さんの工房へ伺ったのは
紅葉が終わりかけた季節の頃。

森と共に生活をされてるような
素敵な工房には野生の動物が
沢山やってきます。

ある時間になると
鳥のさえずりが聞こえ、
工房の庭に遊びにやってくるので
宮田さんは慣れた手つきで
木のそばに餌を置きます。

そんな森の中の工房は
自然に包まれた温もりに溢れていました。

そして工房の中は
シンプルでセンスを感じる作品の
ルーツを感じることができます。



何気なく収納された道具にさえ
魅力を感じてしまいます。



整頓された道具たち。



焼成前のプレート。







やわらかな時間が流れる宮田さんの工房に
とても癒されました。

宮田光善さんの作品は
こちら からご覧いただけます。


 


 

特集02イラスト


羅久井ハナさんのイラスト
特集ページのイラストが新しくなりました。
特集02で紹介している東一仁さんの作品から、思い描かれたそうです。
こちら からご覧いただけます。


特集:東一仁さんの新作



ターコイズ横手煎茶碗 )



ブルー急須横手煎茶碗
 

特集ページも是非ご覧ください。

 

特集02「東一仁さんの新作」

 
特集02『東一仁さんの新作』
ぜひ、ご覧くださいませ。
  現在、商品出荷作業を停止しております。
ご注文いただきました商品につきましては、
11月25日(火)以降、発送手配とさせていただきます。
 

ご利用のお客様には、ご不便をおかけしますが、

あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。


 

堂本さんのうつわ


粉引き菊形
白い粉引きが美しい菊形のうつわです。



8寸
ワンプレート皿や一品料理を盛り付けるのにオススメです。


少し深さがあるので煮物や煮魚などお使いいただけます。


取り皿やお菓子をのせるによさそうです。

豆皿
和菓子や薬味などあると便利なサイズです。




緑青リム皿
質感はざらざらとしていて、
月日を重ねたような風合い感じるうつわです。



緑青6寸リム皿
パンケーキやケーキ、取り皿としてオススメです。

緑青7寸リム皿
焼き魚やお寿司、揚げ物など様々なお料理に合います。



堂本陶工房さんの作品は
こちらからご覧いただけます。







 

松田共司さんのうつわ


沖縄の読谷村にある「北窯」。
松田米司さん、松田共司さん、宮城正享さん、與那原正守さんの
4窯元の共同窯として1992年に開窯しました。



絶やすことなく、代々引き継いできた
伝統の重さからでしょうか。
うつわを手にすると力強さと生命力を感じます。
絵付けの大胆さの中にも温もりがあり、
沖縄の風土や人々の優しさのような、
ほっこりした気持ちになります。


マカイ
マカイとはお茶碗のこと。
ちょっとした丼ぶりや小鉢によさそうなサイズです。



年に数回しか窯出しがない
とても貴重な共司さんのうつわ。
お早めにどうぞ。

松田共司さんの作品は
こちらからご覧いただけます。








松田共司さんのうつわです。

 

キャンドルに癒されて


すっかり秋を感じる季節となりました。
これから冬にかけて
mowcandleさんのキャンドルで
夜長を楽しむのはいかがでしょうか。

mowさんのキャンドルは
高知県にある工房で
ひとつひとつ丁寧につくられています。

earth
淡い色と大きな火が特徴の
球体のキャンドル。











Green
重なり合う色合いが万華鏡のようで
美しいキャンドル。









そしてmowさんのキャンドルは
是非、光を灯してください。
光が生み出す芸術は
その瞬間が一度きりだからこそ
美しさとぬくもりをより感じるような気がします。



 

工房を訪ねてー宮田光善ー

9月に入りすっかり秋めいてきました。
先週、陶芸家の宮田光善さんに会いに
初めて山梨県に行ってまいりました。

工房周辺は大変緑豊かで、
山とともに過ごし、自然と暮らす。
そんな素敵な場所でした。
工房訪問の様子は後日書きますね。

数日間の旅から戻り
手にするうつわやグラスは
ほっとします。

そんなとき、生活に馴染む。
という意味を実感します。

自然のものに人の手が加わりできるものは、
より温かさや心が落ち着く気がします。
 

 

撮影データ



先日、製糸工場跡地にて
撮影に同行させていただいた作品が
ツルイスタジオさんから届きました。

撮影のひとコマ



東一仁:ターコイズプレート



西山芳浩:八角グラス、細しのぎグラス



mowcandle:Ten

釣井さんがつくりだす作品は
物語を辿るように、ストーリーがあり
それぞれの感性に語りかけてくれます。

ツルイスタジオさんには
特集ページを撮影いただく予定です。
釣井さんが創りだす世界観を是非感じてください。









 

製糸工場

奈半利にある製糸工場跡地で
オンラインショップの写真を撮影しました。

撮影をお願いしたカメラマンはツルイスタジオさん。

釣井さんの創りだす世界感がとても好きで
この日を楽しみにしていました。


撮影中
製糸工場を少し散策。













 

ひとつひとつに歴史があったことを
感じさせる場所が残っていることに感動しました。
モノ作りが生まれる現場に同行でき、とても幸せでした。
釣井さん、ありがとうございました。



 

<<back|<1234567>|next>>
pagetop